クレーン地震対策

クレーングリッパー

クレーンの瞬時落下を防ぎます

クレーングリッパーはクレーン脱輪防止装置です。走行レールをツメ状の部品で左右から掴んだ構造とし、不意な外力に対し容易に外れない装置です。地震や誤操作時のバウンドによる脱輪及び瞬時落下を防ぎます。地震対策にお薦め致します。ツメ部はレールの左右の蛇行に追従します。既設クレーンにも取り付けが可能です。

クレーングリッパーの種類

ユニットタイプ

サドルの端部に溶接で取り付けるタイプです。
クレーングリッパー(ユニットタイプ)
クレーングリッパー(ユニットタイプ)
クレーングリッパー(ユニットタイプ)

ボルト取付タイプ

既設クレーンを加工することなく容易に取付が可能です。
クレーングリッパー(ユニットタイプ)
クレーングリッパー(ユニットタイプ)
クレーングリッパー(ユニットタイプ)

クレーングリッパーの取付条件

既設天井クレーンに取り付ける為の条件とは

クレーングリッパーを計画する上で必要な条件は、①走行レールサイズが15kg、22kg、30kg、37kgレールの4種類 ②走行レールが締結装置による固定となっていること が主な条件となります。この他、ジョイントペーシーの種類によってはそのままでは取り付けられないケースもあります。クレーングリッパーは既存天井クレーンのサドル形状に合わせて都度設計製作をする製品のため、取付の際には、サドルの形状や寸法確認が必要です。どのように仕様を決めて行けば良いのかを計画段階からアドバイスさせて頂きます。是非、ご相談下さい。

事前調査について

クレーングリッパーを取り付ける為には事前調査が必要です。

経験豊かなスタッフが、企画・設計段階からお手伝いします。
クレーングリッパーを取り付けられるかどうかは事前の調査が必要です。特に注意が必要な箇所はレールの接続部分です。隙間やズレがある場合には修正が必要です。ジョイントペーシー(接続板)はクレーングリッパーのツメ部が接触する物の存在も確認されております。テスターによる通過テストも必要です。ペーシーの裏表を間違えて取り付けられているものも意外と多く見つかっています。多くの経験と実績を積み重ねた弊社サービススタッフがお伺いして調査をさせて頂きます。

落下事故の主な原因はフックボルトの伸び!

レールをフックボルトで固定している場合には取付出来ません。

フックボルトは地震時の横揺れで伸びてしまいます。
クレーングリッパーの有無に関わらず、レールをフックボルトで固定していると地震時の横揺れでフックボルトは伸びてしまいます。その結果、レールがランウェイガーターから外れ、クレーンガーターと共に落下しています。レールの固定方法がフックボルト方式の場合には、クレーングリッパーを取り付けてもフックボルトが伸びてレールと共にクレーンガーターが落下してしまうため意味がありません。クレーングリッパーを取り付ける際にはフックボルト間に締結装置を追加し、補強する必要があります。

レールキーパーに交換しましょう!

レールキーパー

地震対策新型フックボルト

フックボルトがクレーン落下の原因になっています。皆様の工場のレールの固定方法を今一度ご確認ください。もしもフックボルトで固定されているようでしたらレールキーパーへの交換をお薦めします。前述の通り、フックボルトが伸びることで走行レールごとクレーンの落下事故が起きています。クレーングリッパーの取り付けには地震対策型フックボルト「レールキーパー」への同時交換をお薦めします。フックボルトの穴をそのまま利用できるため、溶接タイプの締結装置と比べて、交換作業が楽になり、コストもおさえられます。

締結装置による補強方法

レールキーパーが販売されるまでは、締結装置をフックボルト間に溶接する方法が多く採用されていましたが、火災防止の為の溶接前の養生、消火バケツ・消火器の準備、火気監視員の配置、溶接後のタッチアップとクレーングリッパーを取り付ける以上に大変な作業でした。現在は火気を使用せずにフックボルトから交換可能なレールキーパーをお薦めしています。