独立形クレーン

ユニットクレーン

独立ヤード形天井クレーン

「天井クレーンを設置したいが建物の強度が足りない」
「天井クレーン付きの貸倉庫が見つからない」
そのようなお悩みは独立ヤード型ユニットクレーンが解決します!
プレハブ、テントハウス等、強度の問題で設置を諦めていたお客様、独立クレーンヤード(鉄骨架台)式であれば建物に影響を与えません。また、クレーン付きの賃貸倉庫や工場も中々見つからないものです。そのようなときにもユニットクレーンは役に立ちます。

テント倉庫内2.8t×6基

テント倉庫内に独立鉄骨架台を設けて天井クレーンを設置した例です。テントとは別に独立した柱基礎を設けることで、テント倉庫内に2.8tクレーンを6基設置しました。

プレハブ倉庫内2.8t×2基

プレハブ倉庫内に独立鉄骨架台を設けて天井クレーンを設置した例です。プレハブとは別に独立した柱基礎を設けることで、プレハブ倉庫内に2.8tクレーンを2基設置しました。

賃貸倉庫内2.8t×2基、4.8t×1基

賃貸倉庫内に天井クレーンを設置した例です。揚程確保の目的でダブルレール形天井クレーンとなりました。4.8tはこの写真の隣のレーンに設置しています。

1t独立型サスペンション形天井クレーン

独立型は必要な箇所に限定して設置することが可能です。今回はクレーンの走行可動範囲は広くしたいものの、柱を立てられる場所が限られていた為に、サスペンション形とし、走行レールをオーバーハングさせて可動範囲を確保しました。

2t独立型サスペンション形天井クレーン

柱を立てる場所が限られており、サスペンション形でのご提案となりました。オーバーヘッド形とサスペンション形のどちらを採用するかは可動範囲、揚程、柱の設置可能場所、価格等から最適なご提案をさせていただきます。

7.5t独立型ダブルレール形天井クレーン

独立柱基礎を設けて7.5t天井クレーンを既存の工場内に設置した例です。点検設備はクレーンガーター上には設けず、高所作業車を点検設備として使用しました。点検設備は常設である必要がある為、レンタルではなく、購入か長期のリース契約とし、工場内に常設していただく必要があります。

1t独立型オーバーヘッド形天井クレーン

十分な床強度がある場合には、アンカーボルトによる設置も可能です。上部にある天井クレーンと干渉せず、最大限の揚程を確保する為にオーバーヘッド形クレーンでの提案となりました。

2.8t独立型オーバーヘッド形天井クレーン

揚程を確保することを目的にオーバーヘッド形クレーンでの提案となりました。弊社の工事後に、クレーン設置場所には壁と天井が出来、独立した作業エリアとなりました。

独立型テルハ(モノレール)

稼働範囲が直線に限定されますが、生産ライン等で横行の必要が無い場合にはクレーンに対してコストが落とせます。写真は腐食を防ぐ為に、ステンレス製架台とし、巻上機もステンレスで覆っています。